腰痛とは学生時代からの付き合い。マッサージとストレッチで腰痛対策!

中学生で腰椎分離症を発症!一生付き合っていくことになる腰痛への対処法

こんにちは。

中学生のときに腰椎分離症を発症して以来、腰痛とは15年近い付き合いになります。

若いのに・・・

運動してるのに・・・

童顔なのに・・・

見た目に反して、毎日湿布とともに生活する今日び。

きっと一生付き合っていかなければいけない悩みだなぁと思います。

きっかけは、部活で行っていた新体操。

上体を後ろに反らせすぎたのが直接的な原因ですが、医師によるともっと幼いころからその因子を抱えていたとかうんたらかんたら。

5番目の腰椎がぽっきり折れていました。

レントゲンってすごいですね。

その10年後、趣味のダンスをした翌朝、激痛で起き上がれなくなる事件が発生。

這うようにして電話に手を伸ばし友人レスキューを呼びタクシーで病院に向かいました。

何度も言いますがレントゲンはすごい。

医師の指摘がなくともわかりました。

「先生、ここですよね」

「あーそこそこ、綺麗に折れてるね!」

折れてるね!じゃないでしょう。

もともと折れていた5番目に加え、さらに3番目の腰椎がぽっきり。

そして5番目は自由になった骨が見事に滑っておりました。

そりゃ痛いわ。

病院の理学療法士さんに自分でできるリハビリを教えてもらい、湿布で対症療法という名の気休めをしつつ腰に爆弾を抱えたまま、また普段の生活に戻りました。

特に寝起きが痛いですよね。

仰向けに寝ると、元が反り腰なので自然に腰が浮いて痛いので膝裏あたりにクッションやタオルケットを丸めたものを入れて足が曲がるようにしています。

足が曲がると腰が反るのがマシになるので。

ストレッチも毎晩、一応毎晩しているんですがねぇ。効果があるのかないのか。

さぼって悪化するのは嫌なのでなんとか続けています。

アキレス腱を伸ばすときの格好をもっと深くして、後ろ足の膝を床につけて行います。

股関節まわりの筋肉を伸ばすつもりで。

このとき片側ばかりやりがちになるそうなので、左右どちらの筋肉も伸ばせるように腰を左右にフリフリするようにするといいですよ。

腰痛軽減につながっているかどうかはさておき、気持ちいいです。

もう1つ教えてもらったのが、腰まわりの筋肉をほぐすマッサージ。

痛いところの負担を和らげようと身体ががんばるので、腰まわりの筋肉が凝り固まっているんですね。もうカチコチです。

むやみに整体とかで揉んでもらわないほうがいいですよ。

それぞれの病気や原因をしっかりわかっていないと悪化しかねないので危険です。

セルフマッサージには、テニスボール(なければ類似した、ある程度の硬さがあり丸いもの)を使います。

おしりや腰の下にボールを入れて仰向けになり、ゴリゴリとボールに押し付けるようにマッサージしてくださいね。

自分でやるのにとても効きます。痛気持ちいい。

あんまりたくさんやろうとすると三日坊主になってしまうので、少しずつ。

少しでも爽快な朝を迎えられるように、腰痛といいお付き合いをしていきましょうね。

子育てと仕事の疲労で体が限界!椎間板ヘルニアを発症してしまった

子育て中は体のケアは後回しになりがち。ヘルニア発症までの経緯

こんにちは、私はヘルニアになって早10年。

ヘルニアになってしまった原因は、一つだけでは無くいろんな事が積み重なったことでなってしまったのかなぁと思います。

ヘルニアになった原因は、まず子育てこれも原因の一つかなと思います。

産まれたばかりの頃から4歳児くらいまで抱っこは、子供とのスキンシップでかかせないものですが、これが疲れきった体には結構応えます。

生まれたばかりの頃は体重も3キロくらいでまだ軽いのですが、これが1才6ヶ月くらいからだいぶ重たくなってきて、長時間抱っこをしていると腕が痺れてきてしまう事もありました。

腰の方はというと何をしていてもいつも鈍い痛みがして常に辛い状態でした。

それに私は、仕事もしていたのでなかなかゆっくりと休むということも出来ませんでした。

こんなに腰や腕が痛くても子供は、もちろん凄く可愛かったです。

その時していた仕事ですが私は、工場の現場で仕事をしていました。

工場の仕事は精神的なストレスが少ないのでそこが良くて仕事に行って居たのですが、体の方は、後に悲鳴をあげだしました。

働き初めててから1年たった頃からだんだん腰の痛みが強くなってきました。

少しづつ足が動かしにくくなってきて、そのうち歩く事も辛くなってきてしまいました。

自分でもさすがにこれはおかしいと思ってみたものですが、子育て家事仕事とでいっぱいいっぱいで私は、自分の体の事を後回しにしてしまいました。

その頃一緒に仕事をしていた方に,(凄く痛そうだね、早く病院に行った方がいいよ)と言われてようやく私は、病院に行かなくてはいけない状態になっていたんだ、と思いその日の仕事終わりに病院へ行きました。

整形外科に行きお医者さんに見てもらいレントゲン撮影とMRI検査をしてみた結果、椎間板ヘルニアですと言われ、私はショックで言葉を失いました。

でもお医者さんが治療をしていけば良くなっていきますよと言ってくれたので私は、その日から病院で治療を受けるようになりました。

最初は電気治療も痛くて辛かったでしたが、ヘルニアがよくなるにつれ電気治療も辛くなくなり、足も動かし易くなってきて健康ってホントに幸せな事だったんだと、その時身にしみました。

家族にも工場で一緒に働いていた同僚にも心配を掛けてもしまい、辛かったのは私でけでは無かったんだときつ”きました。

これからはなんでも酷くなる前に病院へ行こうと思いました。

それから私は、筋トレを体のためにやるようにし始めました。

荷物運搬の仕事では腰痛は職業病!これ以上悪化したくなくて退職

物流センターで働いてた時があり、長時間、重い荷物の運搬をしていたため、腰を痛めてしまいました。

コルセットを巻いて仕事をしていましたが、ある日の朝、体を起こそうとすると、腰に激痛が走り、体を起こそうとしても全く起き上がることもできませんでした。

結局、三日間仕事を休ませてもらいましたが、最初の一日は激痛で家の中を這って移動していました。

これ以上、腰を悪くしたくないと思い、仕事の方は退職させていただきましたが、慢性的な腰痛を患ってしまい、日常でも腰痛と戦っています。